フレームの形にはどんなものがある?

フレームには丸や四角を基調として、さまざまなバリエーションがあります。まん丸な形が特徴的な「ラウンド型」と呼ばれるフレームはカジュアルでとてもおしゃれな形です。このタイプは丸みを強調するので、顎がとがっているベース型や三角形の顔の人がかけると柔らかな印象になります。
丸みのある逆三角形の「ボストン型」はかける人を選ばないタイプで、太目のものを選ぶと小顔効果も期待できます。上の部分が幅広になっている台形型の「ウェリントン型」は四角い印象が強いので丸顔の人によく似合います。面長の人なら「ティアドロップ型」がおすすめ。丸みを帯びた正三角形のフレームで、目尻部分の縦幅が広いことからセクシーさを演出することができます。

素材にはどんなものが使われている?

素材にはプラスチック、金属、自然素材などの種類があります。安価なメガネに多いのはプラスチック製のフレームです。耐久性はやや劣りますが、デザインやカラーバリエーションが豊富なので、何本か揃えて伊達メガネとして楽しんでいる人もいます。
金属のフレームは定番です。軽くて丈夫で、しかも耐久性にも優れています。チタンやアルミ、金、プラチナなどの素材が使われていますが、全般的にクールな印象になりやすいので、ビジネスなどにもぴったりです。最近では金属とプラスチックを組み合わせて、より凝ったデザインのものもあります。
また、木やべっ甲などもフレームに使われています。こちらは自然素材なのでデリケートで、普段のお手入れにも気を遣いますが、顔になじみやすく、温かみのある雰囲気になります。

© Copyright Types Of Eyeglasses. All Rights Reserved.